文化刺繍で主に「風景」「花」の作品を作っています

最近は、あまり見かけないのですが「文化刺繍」です。30年位前までは学校で課外クラブがあったほど流行っていました。
普通の刺繍ではなく、専用の布、ハリが必要で「リリアン」という糸で縫い込んでゆきます。

一般的な刺繍に比べると、やや高額で専用布は1メートル四方が約2000円。糸となる「リリアン」の1束200円前後とです。
ですが、出来上がれば普通の刺繍とは違う「立体感」や「艶」があって、写真のようなクウォリティです。
専用布には元々、下絵が書いてある物もあり、自分のセンスでリリアン糸の色を選び仕上げてゆく事もでき、
「風景画」「動物画」「花」など様々なデザインを楽しみながら作る事ができます。

私は、ある程度、作品が溜まったら、近くの「チャレンジショップ」の一画を借りて出品しています。
高額なものであれば原価の3倍以上の価格で売れる事もあり、趣味と副収入を兼ねています。
繊細で小さな部分は目と肩が凝りますが、出来上がった時の達成感があり、長年続けています。